スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

トヨタ クレスタ スーパールーセント X80系前期型(アオシマ 1/24)

 2013-04-08


今年初めから過去作品のレストアということで進めていた81クレスタの前期型スーパールーセントが完成しました。(^^)

過去作品のほうもこちらのギャラリーに収めていますが、元々作ろうとしていたのは中級グレードのほうのスーパールーセントだったのに過去作品では妥協してキットに付属の最上級グレード“スーパールーセントG”の純正アルミホイールをそのまま流用したり、全体的に塗装がイマイチということでレストアをしました。

今回のレストアでは制作記にもあるようにアオシマ製のVG45系トヨタ・センチュリーの純正ホイールが、このクレスタの中級グレード用のホイールカバー(スチールホイール用)に形状が似ていることに着目し、部品取りで入手したセンチュリーのキットからホイールを拝借、加工してクレスタのホイールカバーっぽく仕上げました。

また、ボディーカラーや内装も調色して塗装をやり直しましたが予想以上にうまくいき、満足しています。(^^)


このクレスタは刑事貴族(シリーズ後期)の郷ひろみ編から刑事貴族2のシリーズ全編にかけて使用された劇用車をモチーフに作りましたが、特に、このアングルをアップした状態で運転席から地井武男さん演じる武田刑事が出てくる刑事貴族2のシリーズ後期のオープニングシーンが私には印象的でした。


最後に昨年完成させた30ソアラと共に刑事貴族2の覆面車コラボで閉めたいと思います。(^^)
タグ :

日産 セフィーロ コンフォートクルージング & スポーツクルージング(アオシマ 1/24)

 2013-04-07
3月になってようやく完成となった今年最初の作品となるA31セフィーロの前期型です。

当初は新作としては1台の予定でしたが、途中から過去作品のレストアを同時進行したため、新作2台になりました(笑)

という訳で早速ご覧いただきましょう♪(^^)



今回の新作として昨年末から手をつけていたのが、コンフォートクルージングというグレードです。

コンフォートクルージングはA31セフィーロの中でも直列6気筒ツインカムターボのRB20DETエンジンとDUET-SS(スーパーソニックサスペンション+電子制御パワーステアリング)の組み合わせによる上級グレードの位置づけで、標準装備となるアルミホイールがS13シルビアと同じディスクタイプのデザインとなります。



一方で過去作品のレストアとして作り直したこちらがスポーツクルージングです。

スポーツクルージングはエンジンこそコンフォートクルージングと同じ直6ツインカムターボのRB20DETエンジンですが、HICAS-Ⅱという4WSのサスペンションという組み合わせの上級グレードの位置づけとなっています。


この画像はコンフォートクルージングのものですが、グレード名に「クルージング」と付くグレード専用となるのが直列6気筒ツインカムターボエンジンのRB20DETエンジンです。

尚、今回は過去作品のスポーツクルージングもレストア作業に伴いエンジンレスからRB20DETエンジンも作ったので2台ともエンジン付きで再現したことになります。


今回のコンフォートクルージングは「はぐれ刑事純情派」並びに「さすらい刑事旅情編」の刑事ドラマの劇用に使用された日産の広報車バージョンを再現しました。
※実際にはターボ車では無くNAエンジン車のコンフォートツーリングだったかもしれないのは内緒です(笑)


一方で「もっとあぶない刑事」をメインに「映画版はぐれ刑事純情派」でも使用された車をモチーフにしたのが、こちらのスポーツクルージングですが、実は「もっとあぶない刑事」の中でトオルの覆面車であるセフィーロが盗まれボンネットが開いた状態で放置されたシーンがあり、その映像を見てカタログと照らし合わせら、実はNAエンジンのスポーツツーリングだったというオチがあり、残念ながら完全な再現とはなりませんでした(^_^;)

そんなオチもあったりしますが無事に2台のA31セフィーロ前期型が完成し、5月の静岡ホビーショーでの合同展示会にて、この2台のセフィーロを展示する予定なので、良かったら会場まで足を運んでいただき、ご覧いただければと思います。(^^)
タグ :

トヨタ カローラ レビン AE86前期型(アオシマ 1/24)

 2013-04-06
実はこの作品は昨年11月に完成させたにもかかわらず、完成ギャラリーに更新していなかったので約半年後の今回、更新させていただきます。(^_^;)



この作品ではアオシマのAE86カローラレビンの前期モデルでエンジン付きキットから基本的には素組みにて作りましたが、フルノーマル仕様を作るとなると純正ホイールは絶版となっているタミヤのA60系セリカXXのキットから流用するか、アオシマのコロナクーペのキットから流用するなどの方法に限定されます。

今回は絶版のタミヤのA60系セリカXXのキットからホイールを加工して装着しましたが、86レビンの前期型の場合、年式によってはセリカXXのホイールの同じデザインで同じシルバー色か、若干マイナーチェンジしたゴールド色でボルト部分を埋めたタイプの2種類あり、後者の純正ホイールに加工してみました。


内装パーツは最近のアオシマ製キットらしい、少しカクカクしすぎたディテールのため、特にシートのパーツは紙ヤスリでエッジを削って丸みをつけてみました。


エンジンは私なりに少し“汚し”を表現したつもりですが、もっと研究が必要ですね。(^_^;)

こんな感じで、あまり作例には無さそうなフルノーマルでエンジン付きの86レビンを作りましたが、いかがでしょうか。(^^)
タグ :

モデル・カーズ203号(2013年4月号)

 2013-02-27

一部地域では発売日が若干遅くなりますが昨日2月26日、最新号のモデル・カーズ203号(2013年4月号)が発売されました。


今回のお目当ては先日のオートモデラーの集いin横浜のレポート記事ですが、今回は私の作品である1/32スケールいすゞエルガ京成バス仕様が取り上げられました。(^-^)v

この記事を担当されている方から直に私のブログに先日コメントを寄せていただき、そのコメントやメールで色々やり取りをさせていただきましたが、こうして取り上げていただけて本当に光栄でございます。

この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

入荷日などの都合で、まだ買っていない方がいましたら他にも素晴らしい記事がありますので、ぜひ買って読んで下さいませ。
タグ :

相互リンクのお知らせ

 2013-02-18
相互リンクのお知らせです。

今回はLexus222さんのブログと相互リンクさせていただくことになりました。

HNからも取れるように主にトヨタ車好きで、中でもアルファードが好きな学生モデラーさんです。

ちなみに私の実家の車も初代アルファードの前期型なんですよ(笑)

Lexus222さんのブログ

ぜひともよろしくお願い致します。
タグ :

関西オートモデラーの集い 参加辞退のお知らせ ※追記あり

 2013-01-19
本日1月19日(土)の夜になりますが私の祖母が他界したため、急遽、関西オートモデラーの集いへの参加を辞退させていただくことになりました。

明日お会いする予定だった皆様、誠に申し訳ありませんがご理解のほど、お願い致します。

【追記】
カーモデル作りは来週から再開し、このブログも制作の状況に応じて引き続き更新はしたいと思います。

昨年5月に静岡ホビーショーでの展示会の直前に祖母が危篤状態となり、それに伴い静岡の参加を急遽辞退し、暫く祖母も小康状態が続いていたものの、関西オートモデラーの集いの前日となる昨夜に他界したという訳で今回も急遽辞退となりましたが、もしこの先何事も無く、叶うならば今年こそは5月の静岡には参加できたらと考えています。
今回残念ながらお会いできなかった皆様とも5月の静岡で、もしお会いできるのであれば、その日まで待っていていただけたらと思います。

2012年1月20日(日) 江戸川エルガ

追伸、【拍手】の欄がありますが、身内に不幸があったばかりなのに拍手はないと思いますので、くれぐれも拍手はしないでいただきたいです。
タグ :

相互リンクのお知らせ

 2013-01-07
久々に相互リンクのお知らせです。

当ブログでは相互リンクは「雑記」のカテゴリーに振り分けていますが“雑記繋がり”と言いますか、昨年の“オートモデラーの集いin名古屋2012”にて初めてお会いした中学生モデラーのザッキーさんのブログと相互リンクさせていただくことになりました。(いきなり駄洒落でスミマセン…www)

ザッキーさんのブログ“ザッキーのプラモデル製作記”

昨年の名古屋オートモデラーの集いでもご本人と色々お話をしましたが、一生懸命作った中に初々しさを感じる作品に将来性を感じます。
そんな彼の作品を皆さんにも見ていただこうということで今回の相互リンクとなりました。

という訳で、よろしくお願い致します。m(__)m
タグ :

2012年の作品プレイバック 後編(1/32スケール編)

 2012-12-30
という訳で2012年の作品を振り返る後編は1/32スケールの作品です。
2012年の当初はバスモデル1台完成できたら十分と思っていたところ、5月の静岡での展示会終了後に11月の横浜ホビーフォーラムでの我がS.E.M.のテーマ作品が「1/32スケール」と決まったため、バスモデルを中心にトラック、乗用車を合わせて結果的には8台も完成しちゃいました。(^_^;)

では早速振り返ります。


いすゞ・エルガ ノンステップ 京成バス仕様(アオシマ 1/32)

ボディー未塗装のカタログ仕様のキットをベースに京成バスの路線カラーを自分で塗装して、デカールは同じアオシマ製の三菱ふそう・エアロスター京成バス仕様(塗装済みボディー)のキット)に付属のデカールを使った他、キットでは選択式となる前扉の開閉状態を開閉ギミック可能としたり、キットとは異なる年式違いのボディーへと改修してディテールアップさせた作品です。

もちろん私のHNは、このバスから付けた名前です(笑)


日野・セレガ スーパーハイデッカー 北海道中央バス仕様(フジミ 1/32改造)

フジミ製の日野・セレガスーパーハイデッカーのキットをベースに観光バス仕様から夜行高速バス仕様へとボディーを改修して、更に客席を4列シートから独立3列シートに変更した他、トイレ(ドア周りのみ)の増設など、かなり手を加えてディテールアップさせました。
また、ボディーのストライプや「CHUO BUS」のロゴも全て自分で塗装しました。
作り始めたのは昨年9月なのに、なんだかんだで約1年もかかってしまった代わりにホビーフォーラムに展示できたというのも、ある意味ミラクルかもしれません。(^_^;)


いすゞ・ガーラ ハイデッカー ジェイ・アール北海道バス仕様(フジミ 1/32)

フジミ製のいすゞ・ガーラハイデッカーのキットをベースに自分で塗装して、私の故郷、北海道ではお馴染みのジェイ・アール北海道バスの高速バス仕様を再現しましたが、別売りのデカールがあったためにロゴなどはデカールをそのまま流用したものの、ストライプはデカールを使わずに自分で塗装しました。
こちらのキットも観光バス仕様がベースのため、トイレ(ドア周りのみ)の増設、側面の窓ガラスはメーカーに発注して別バージョンのキットの側面ガラスのパーツを流用するなど、ディテールアップさせた作品です。


いすゞ・フォワード 陸上自衛隊仕様(アオシマ改造 1/32)

アオシマ製のいすゞ・フォワード4トン平ボディーをベースに陸上自衛隊の業務車仕様を再現した作品です。
キットのままだと長すぎるため、ボトルカーに改造したモデルカーズの作例を参考にフレームやホイールベースを切り詰める加工を施し、更に荷台関係も自作して自衛隊仕様に改造し、AFVのようなカーモデルのような作品を目指して仕上げました。


トヨペット・クラウン(LS 1/32)※現在はマイクロエース(アリイ)製

実は5月の静岡での展示会(私は参加していませんが何か?笑)が終わった翌月の例会にて、お裾分けしていただいたキット(裏を返せばノルマ?笑)が、このクラウンになります。
それがきっかけになった他にも、昨年のオートモデラーの集いin名古屋に参加した時にトヨタ博物館に展示してあるこの車を間近で見たのもきっかけとなりました。
初代クラウンの初期モデルとマイナーチェンジ後のモデルを組み合わせたイメージで車高調整をメインにディテールアップさせましたが、納得のいく仕上がりになりました。(^^)


トヨタ・セルシオ パトカー仕様(マイクロエース(アリイ)改造 1/32)

実際には昨年の作品になりますがホビーフォーラムでの展示ということで若干手直しはしました。(^_^;)

数少ない1/32スケールの4ドアセダンの中で強いて言えば今風なセルシオをベースに西部警察(復刻版)宮崎ロケに登場したパトカーをモチーフに作った作品になりますが、実は先日のホビーフォーラムが初めての展示となりました。


【画像左】→三菱ふそう キャンター 踊る大捜査線 カエル急便仕様(アオシマ 1/32)※現在は絶版
【画像右】→ダイハツ・ミラ ウォークスルーバン 踊る大捜査線 カエル急便仕様(マイクロエース(アリイ)1/32)

今年は踊る大捜査線シリーズも、ついにファイナルを迎えましたが「踊る」人気に便乗した作品を作ろうということでテーマ作品に便乗して「THE MOVIE3」の放映時期に発売された「カエル急便」のキットをネット通販で調達して作り、更に余ったデカールを流用して、ミラ・ウォークスルーバンのキットからTHE MOVIE1にチラッと登場する黄色いウォークスルーバンのカエル急便も作りました。(^-^)v

キャンターもミラも作り始めたのはホビーフォーラム3週間前の10月中旬でしたが、キャンターのほうは、いざ箱を開けたらリアホイールが1個欠品だったり、デカールのクリアーコート後にマスキングをした際にデカールがテープと一緒に剥がれてしまうなどのアクシデントがあり、完成したのがホビーフォーラム3日前というドタバタ劇の末でした。(^_^;)

一方、ミラのほうは、たまたま近所の模型店でキットを見つけて無償に作りたくなり、早速ゲットした直後に今度はテレビで「踊る」のTHE MOVIE1が放映され、チラッと登場する黄色いカエル急便のウォークスルーバンが、まさにこれでした。
デカールはキャンターのカエル急便のキットの余りもので対応できるため、ホビーフォーラムに向けた制作に踏み切り、完成させました。

画像ではディスプレイケースの台に2台並べた状態ですが、実はこの2台を見てもの凄く欲しがっていた知人の方がいて、その方にプレゼントする直前に撮影したもので、先日その方に手渡しでプレゼントして嫁入りとなりました。(^^)

最後にちょっとだけ番外編になりますが、今月号のモデルカーズに私が先日のオートモデラーの集いin名古屋で展示したAE86レビンと初代クラウンが仲良く紹介されています。(^-^)v


それがこちらです。

モデルカーズには何度か私の作品が掲載されたりしましたが、実は今年の7月に発売された某、週刊ポ〇〇のプラモデルの特集記事には、我がS.E.M.もカーモデルの項で取り上げていただき、その取り上げていただいた中で、なんと私の作品を掲載していただくことになり、それが一番嬉しい出来事でした。(^^)


昨年作ったタミヤの910ブルーバードをベースにしたタクシーが私の作品になります。一般向けの週刊誌でプラモデルを取り上げること自体、珍しいことですが、 私みたいにプロでも何でもない、ただの趣味モデラーの作品を取り上げていただけて本当に光栄です。(^_^;)

こうして皆様に私の作品を見ていただいていることが刺激となり、また、陰で私の作品を楽しみにして下さる皆様の応援が何よりもの励みになります。

本当に今年1年ありがとうございました。

また来年もよろしくお願い致します。m(__)m
タグ :

2012年の作品プレイバック 前編(1/24スケール編)

 2012-12-29
さすがに年末年始はバタバタしてプラモの制作意欲がすっかり下がってしまう今日この頃の私ですが、皆さんお元気ですかぁ~♪(by陽水www)

今回は2回に分けて「2012年の作品プレイバック」と題して今年作ったカーモデル作品を振り返ろうと思いますが、今年はコンスタントに作れたのと、今年は我がS.E.M.の秋の短期テーマが「1/32スケール」だったこともあり、1/24スケールが9台、1/32スケールが8台(トラック、バス含む)、合計17台完成させることができました。(^-^)v

その中で今回は1/24スケールの9作品を簡単に振り返ります。

【新作】

日産 スカイライン25GT-X R34前期(フジミ 1/24改造)

フジミのR34スカイラインのクーペは17インチの純正アルミホイールを履いたターボモデルの25GT-tを再現していますが、キットに含まれる純正ホイールが微妙に小さいということに加え、他に無さそうな作例に拘り、あえてNAモデルの25GT-Xにダウングレードさせました。

改造といっても小規模なもので、フロントバンパーのダクトを埋める加工、ホイールの交換、インパネをアオシマのR34GT-Rのパーツに乗せ換えといった具合で基本的には素組みです。


メルセデス ベンツSLRマクラーレン(タミヤ 1/24)

元々は5月の静岡での展示会向けにS.E.M.のテーマ作品「メルセデス・ベンツ」にちなんで作ったものの、急な事情で参加できなくなってしまったため、誰の目にも止まること無く寂しく部屋に飾っています。(^_^;)

キットはダイキャスト製のシャーシとボディーの各パネル部分が細分化されているのが意外とネックで組み立てに苦戦しました。
無事に完成して、いつでも展示会に出せるレベルには仕上がったものの、正直言って同じキットは二度と作りたくないです。(^_^;)


日産 シーマ41LV Y33後期(アオシマ 1/24改造)

作り始めたのは今年5月でしたが、実はこの時既に11月の名古屋オートモデラーの集いでのながせさんとのコラボを見据えたものでした。

Y33シーマの前期型ノーマル仕様のキットをベースに社外エアロ仕様のキットのみに付属の後期型グリルのパーツを流用して作りましたが前期型から後期型への変更といっても小規模な改造で、ほぼ素組みでボディーカラーの調色も上手くいき、納得のいく仕上がりになりました。


トヨタ クラウンロイヤルサルーン 個人タクシー仕様 GRS202前期(アオシマ 1/24改造)

こちらはS.E.M.のテーマ外ではあるものの11月の横浜ホビーフォーラムでの展示を視野に入れて作りました。

先日、新型クラウンが発表されたため先代モデルとなりますが、先代モデルの前期型ロイヤルサルーンのキットをベースに個人タクシー改造パーツを流用し、無線アンテナとコードを追加工作、更に手書きで側面の文字のデカールを作成した上で黒塗りの高級感溢れる個人タクシーに仕上げました。


トヨタ ソアラ2.5GTツインターボL JZZ30前期(アオシマ 1/24)
刑事貴族の劇用車として使用されたトヨタの広報車両を作りましたが、今年6月に惜しくも亡くなられた地井武男さんの追悼の意を込めたものです。

アオシマのキットをベースにホイールはフジミの同型ソアラのキットのものを流用、シートのステッチのスジ彫りを追加するなどディテールアップを施しました。


ホンダ S-MXローダウン(タミヤ 1/24)

タミヤのトヨタ86向けメタリックオレンジの缶スプレーが意外とS-MXの初期モデルの純正カラーにピッタリということで素組みでサクッと仕上げた作品です。


トヨタ カローラレビンGT-APEX AE86前期(アオシマ 1/24)

今年最後となった作品になりますが、下準備以外は11月のホビーフォーラム終了直後になってから取りかかり、約2週間で完成させて名古屋オートモデラーの集いに間に合わせ、今年最も注目が集まったトヨタ86人気に逆行する形でのコラボを視野に入れて仕上げました。

基本的にはアオシマのキットの素組みですがアオシマのキットには純正ホイールが入っていないため、タミヤのセリカXXのキットからホイールを流用、ちょっと加工して取り付けました。

【レストア】

日産 シルビアQ's S13前期(タミヤ 1/24改造)

こちらは内装とシャーシは過去作品のものをそのまま流用しつつ、ボディーとクリアーパーツは新品のパーツで作りました。

タミヤのキットはターボモデルのK'sを再現していますが、フロントバンパーのダクトを埋めてNAモデルのQ'sにダウングレードさせました。


日産 セフィーロ25エクシモ A32後期(フジミ 1/24改造)

フジミのセフィーロワゴンの大改造を経て2010年に一度完成させ、しかも某MC誌のコンテストで賞に選ばれた作品でしたが、納得がいかない箇所があり、今年5月の静岡での展示に合わせて大規模なレストアをした作品です。

ボディーの成形が納得がいかなかった他、素組みでも前輪がステアしないシャーシをアオシマのY33セドリックのシャーシを加工したものにそっくり入れ換えるなどをして作りました。

しかし急な事情で5月の静岡では展示できなくなってしまいました。

ということで来年に向けて同じ製法で2台作っている最中で、来年の静岡では違った形で展示したいと考えています。

次回は1/32スケール編を更新します。(^^)
タグ :

いすゞ エルガ ノンステップ PJ-LV234L1 京成バス仕様(アオシマ 1/32改造)

 2012-12-13


ようやく完成画像の更新となりました。(笑)

こちらも先日のホビーフォーラムと9月に開催された静岡オートモデラーの集いにて展示させていただきましたが、ホビーフォーラムでの展示と静岡オートモデラーの集いでの展示とでは実は微妙に異なる箇所があり、その関係で完成画像は今まで更新しませんでした。

というのも、この2枚の画像でPASMOのデカール部分に注目して下さい。

このデカールは最近アオシマから発売された都営バス仕様のいすゞエルガ(日野ブルーリボンⅡとの選択式)のキットのみに付属となる現行のPASMO取り扱い車のステッカーを再現したものですが、9月の静岡オートモデラーの集いの時点ではキット自体が発売されていませんでした。


この画像は別のバスのものですが、現行のPASMOステッカーになります。ホビーフォーラムの数日前にアオシマのメーカーから、この現行PASMOステッカーが入ったデカールをようやく取り寄せてホビーフォーラムには間に合ったということで今回はこの現行PASMOステッカーを貼った完成画像の更新となりました。(^_^;)


制作記にもありますが中扉はスライドギミックが可能なものの、前扉は開いた状態と閉じた状態の選択式となるために今回は前扉のパーツを加工してスライドギミックを可能にさせました。



また、制作記にもありますが今回はキットとは異なる年式違いのエルガを再現するためにボディーや右側面の窓ガラスパーツを改修したり、作例には無さそうなところも拘りました。




内装についても既存の機器類のパーツは手直しをしたり、無いものは追加工作するなどディテールアップにも拘りました。

京成バスのカラーも自分で塗装しましたが上手くできたので、今回の仕上がりは大変満足しています。(^^)

果たして来年は新たにバスのキットは作るのかどうか…(笑)
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。