スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

トヨタ ソアラ 2.5GTツインターボL JZZ30型前期(アオシマ 1/24)制作記 3

 2012-07-16
今回はボディー塗装編でございます。


手持ちの塗料の中からメタリックブルー、メタリックグリーン、色ノ源シアン、イエロー、ウィノーブラックなどを駆使して今回のソアラのブルーイッシュグリーンMIOを調色します。


こんな感じで塗料を調合していくと…


空ビン2本分の塗料ができました。(笑)

尚、今回のソアラに限らず今後作る予定のカーモデルでダークグリーン系に塗装するキットもあるので無駄にはならないハズ…(笑)


小さく切ったプラ板に試し塗りをして実車のカタログと見比べます。※実際にはこの後に黒を少し足したことは内緒です。(笑)


グレーのサーフェイサーで下地を作り、クリアー、タミヤの缶スプレーのシルバーリーフ(TS-30)をベースに塗り、その上から調色したブルーイッシュグリーンを重ねます。



更にクリアーコートして乾燥させたボディーにシャーシを合体させて仮組みした完成イメージですが、実車さながらに微妙に変化する色合いなので撮影が難しかったです。(^_^;)

実車のカタログや中古車サイトなどの画像を見比べると光加減などにより黒っぽく見えたり、青っぽい緑だったり、濃い緑だったり、なかなか難しい色ですが、何とか雰囲気が出たのではないでしょうか…(^^)

次回は内装編に入ろうと思います。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
これだけの種類だと調色も難しいそうですね(+o+)

地味ながら味わいのある実車の色の雰囲気が良く出ていると思います♪



調色は予想以上の量になりますよね。こちらは後期レパードの時に作った内装色(小豆色のような色)が大量に余ってます(笑
【2012/07/16 21:40】 | ねこバスのぼりざか #- | [edit]
こんばんは。

今回の30ソアラの製作記、楽しみに拝見してます。
前回のアルミのスポーク加工は「なるほど、その手があったか!」と目からウロコでした。

このダークグリーンM.I.O.は光の加減で色合いが変化する難しい色ですが、
うまく調色されていらっしゃいますね。

この色はマークII三兄弟(90・100系)とかセルシオ(10・20系)にも
応用できますから、仰るとおり、多く作っても無駄にはなりませんよね(笑)
【2012/07/17 00:42】 | ながせ #- | [edit]
>ねこバスのぼりざかさん

あくまでも手持ちの塗料ということで念を入れて、これだけの塗料を用意しましたが、どれかに絞っても良さそうでしたね。(^_^;)

前回のシーマの時もそうですが、微妙な色合いほど調色も塗料が数種類になったり、薄過ぎ、濃過ぎなどとやっているうちに量の加減がつかなくなりますから難しいですよね。

【2012/07/17 05:41】 | 江戸川エルガ #VOHYEIps | [edit]
>ながせさん

おはようございます。

アルミのスポークに限らずアオシマもフジミも4リッターと2.5リッターのキットで共用しているパーツも含めて中途半端な箇所が結構あり、アルミのスポークはフジミのほうが、ややディテールはいいものの、太すぎるので今回は肉付けを削る加工をしましたが、目からウロコとは恐縮しちゃいます。(^_^;)

実車のカタログを見比べますと、ソアラのブルーイッシュグリーンMIOとセルシオのダークグリーンMIOは光の加減も去ることながら、緑の色合い自体も違い調色も難しそうな色なので、今まで手を付けませんでしたが、カーモデルには調色は避けて通れない作業なので苦手分野が克服できて良かったです。

では今後とも楽しみにしていて下さい。(^^)
【2012/07/17 05:52】 | 江戸川エルガ #VOHYEIps | [edit]
こんばんわ!!

写真では残念ながら分かりにくいですが、
じっくり見ると独特の奥深い色が出ていそうですね。
自作できるとは流石ですね。

楽しみにしています^^
頑張ってください!
【2012/07/17 21:51】 | ムル太郎 #- | [edit]
再現が大変そうなボディカラーですが、カタログの色合いと見比べると調色されたカラーの再現が高いのが分かります。
調色の場合、色の再現に時間がかかりますがその分上手くいくとリアルさが上がりますよね。

内装も楽しみにしてます。
頑張って下さい!
【2012/07/17 22:49】 | TAKA #ed0yalVY | [edit]
ふたたびこんばんは。

>アルミホイールの加工
アオシマ・フジミ共に、15インチメッシュはオーバーサイズだし、
16インチアルミはスポークの太さがマチマチだし…と、
アルミの出来がイマイチで、30系ソアラのキットを敬遠してたんですよ。
ですから、今回の江戸川エルガさんのアイデアに目からウロコだったわけです(笑)

>ボディカラー名
私、勘違いしてました。
ソアラはブルーイッシュグリーンM.I.O.<6M2>でしたね…
いずれにしても、今回の調色の再限度の高さには変わりありませんが。
【2012/07/17 23:35】 | ながせ #J8TxtOA. | [edit]
>ムル太郎さん

こんばんは

本当に写真では分かりにくい色合いですが、絶妙な加減の色にはできました。

私自身も楽しみになってきましたし、他にも作りたいキットが山ほどあるので、できるだけ早くサクッと仕上げたいと思います。(^^)
【2012/07/18 02:46】 | 江戸川エルガ #VOHYEIps | [edit]
>TAKAさん

実際に調色して改めて再現が大変だということを感じましたが、模型の場合は写真を撮った時と展示会などの場合、距離を離して作品を見るので、その時の色の見え方にも今回はこだわってみました。
なので実際のボディカラーに多少デフォルメを加えるくらいのほうがリアルさが増すのかもしれませんね。

では引き続き楽しみにしていて下さい。(^^)
【2012/07/18 02:53】 | 江戸川エルガ #VOHYEIps | [edit]
>ながせさん

ふたたびこんばんは。(笑)

アルミホイールですがアオシマもフジミも中途半端なので「割り切っていこうじゃ~ないか!」と言わんばかりに開き直りでやっています。実は水面下でアオシマのD-1ベースの後期型のノーマル戻しもやっていますが、純正メッシュは未だにアオシマのを使うかフジミのを使うべきか迷っています。(汗)

一方で今回のツインターボLのスポークタイプだと確かにスポークの太さがマチマチですが、フジミのホイールのスポークを削り出すほうが幾分マシなホイールになると思い、今回はそれにしました。ただ、アオシマのキットにフジミのホイールを使う場合はオフセットを若干弄ったり、ブレーキ側のピンを少し削ると適性なトレッドになるみたいです。

ボディーカラーは上手くいった反面、やはり撮影の際に理想の色にならないのが難点ではありますが、模型映えするように多少離して見てもあの絶妙な色合いになるように調色したので私も満足しています。

ではまた~♪(^^)

【2012/07/18 03:06】 | 江戸川エルガ #VOHYEIps | [edit]
ハイソカーに相応しい、重量感と深みのある良い色合いだと思いマス!

この手の調色って、ドツボに嵌るとどんどん違う方向に行き兼ねませんものね・・・。(汗)

下地や吹く量によっても変わってくるでしょうし・・・。

それだけに、上手く行ったときは嬉しいものですよネ~。(^^)
【2012/07/19 22:20】 | page! #- | [edit]
>page!さん

実際のところ、いざ調色した塗料をシャーシに試し塗りをしたら全然違う色だったのですが、違う方向に行く直前で修正して上手く色合いが出せたので良かったです。(汗)

ちょうど先程頂戴したコメントと行き違いで、次の作業の様子も更新しましたが、内装も上手くいきそうなのでハイソカーに相応しい仕上がり目指して頑張りますヨ♪(^^)
【2012/07/19 22:42】 | 江戸川エルガ #VOHYEIps | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://lv280.blog79.fc2.com/tb.php/89-1fc6c534

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。