スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

シボレー・コルベット・スティングレイ C2 '65年モデル(モノグラム 1/24)【エンジンの塗装、組立 編】

 2014-10-18
現在、ボディー塗装が乾燥中のため、その間に今回はエンジンの塗装、組立へと進めます。


今回のキットの説明書ですがモノグラム製のキットでありながら、ハセガワからリリースされていただけあって日本語で書かれている分、日本人には良心的です(笑)

それはさておき、この塗装指示によるとエンジンのメインの部分はオレンジとなっているので実車の画像を検索してみます。


こんな感じで検索して引っ張り出した画像を元に塗装していきます。

検索でも探せば色々画像はありますが、ちなみに私の場合は作業デスクに7インチほどのタブレットを置いていて動画サイトで動画を観ながらの作業も可能なので、とにかくタブレットに画像を表示させながら塗装しています。


まずクレオスのMrカラーのオレンジ(光沢)をそのまま吹き付け、乾燥後に半つやクリアーを吹きます。


エンジン関係のパーツを塗り分けます。


今回は瞬間接着剤で接着しましたが、お好みの接着剤で接着するにしても硬化するまでの間は画像のように輪ゴムやマスキングテープを巻き付けて抑えると良いでしょう。


こんな感じでエンジンがシャーシに載ります。

日本国内のメーカーのキットみたいにファイヤーウォールがバスタブ状になっていないため、この後に別パーツとなっているファイヤーウォールを組んでいきます。


内装のバスタブ状パーツに貼り合わせるファイヤーウォールのパーツを取り付けた状態です。

という訳で今回はここまでにして、今回はボディー塗装の乾燥に時間をかけているため、C2コルベットの製作記は一時中断させていただきます。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
このコルベットも独特な形でカッコいいですよね。
説明書が日本語じゃないと、「⁇」となってしまいそうです(笑)
エンジン廻りも丁寧に製作されていて流石ですね。
しばらく休止だそうですが、また続きも楽しみにしています。

【2014/10/18 17:21】 | TAKA #ed0yalVY | [edit]
>TAKAさん
コメントありがとうございます。
洋モノのキットだと英語のみの説明書だったりしますが、国内メーカーで販売すると日本語で書かれているので助かりますよ(笑)
コルベットのほうは現在クリアーの乾燥中ですが、その間に殆どの塗装と組立が終わってしまったので他のキットの製作を進めていて、近日中には更新しますので、お楽しみに!(笑)
【2014/10/18 17:51】 | 江戸川エルガ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://lv280.blog79.fc2.com/tb.php/243-c523bb0b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。