スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日産セドリック セダン280Eブロアム 430後期型(アオシマ 1/24 改造)制作記【仮組み他色々】

 2014-02-02
先日の記事でもチラッとお話をしたとおり遅ればせながら私も430のセダンに着手しました。
何種類か作りたいバージョンはありますが、その中でも一番作りたいのがセダンのトップグレード280Eブロアムのベンコラ仕様です。

作るにあたり2通りの方法を考え、とりあえず手をつけてみました。



まず最初は同じアオシマ製の430のハードトップ280EブロアムのボデイーとセダンGLのボデイーをニコイチにしてサッシを新たに作る方法です。
この方法だと基本的にベースとなるのはハードトップのキットなのでシャーシと内装のパーツは殆ど弄らずに済むという考えでしたが・・・

どうもサッシを新たに作るのが苦戦しそうなので、この段階にて放置(>_<)


次に基本的にはセダンGLのキットをベースにリアバンパーのパーツを改修しつつ、フロントバンパーを切り取ったものを使う方法。


ボデイーの改修に限らずシートのパーツを改修する必要も生じるが、こちらのほうが後々の展開を考えるとマシなやり方で見た目もスッキリした作品になるハズ・・・(笑)


という訳で上の画像までの工程を簡単に紹介しますが、まずは足まわりを仮組みします。


手元にアオシマ製の430セダンにピッタリのホイールがあるので、このホイールを今回の作品で使います。

突然ですか問題です。このホイールは何のキットのパーツでしょうか?(笑)


ハードトップのフロントバンパーはそのままだと幅が広すぎるのでセンター付近で切り詰めます。



リアバンパーは手元にあった0.3ミリプラ板を2枚重ねにしたものをバンパーのサイドモールに貼り、長さを延長する基準となるバンパー正面はエバーグリーンの1.5×1.5ミリのプラ角棒を貼ります。


あとはバンパーモール周りをパテで肉付けして仕上げていきます。
以上ここまでが前後のバンパー改修の大まかな工程となります。


次にシートの改修の流れを見極めるためにセダンのキットの内装パーツとハードトップのキットのパーツを取り出します。



フロントのシートはハードトップのキットの両脇を削って幅を合わせればそのままセパレートシートとしても使えそうですが今回はこれを元にベンチシートに改修しようと思います。

リアはハードトップのキットのパーツと実車カタログを参考にパテで改修しようと思います。

という訳で大まかな今後の工程が決まったので次回へつづく!(笑)
スポンサーサイト
タグ :
コメント
団長ローレルもおぉ!となりましたが、430のブロアム化もおぉ!となりました(笑)

HTから改造よりは、セダンをベースにバンパーを改造したほうがまだ楽そうですね。
内装は、去年制作した港7もフロアATである以外はSGLも殆ど同じような感じですね。
自分の場合はキットのシートパーツが薄いのを活かしてパテ盛りだけで改造しましたが、こちらはベンチシートなので繋げる作業ですね。
ホイールは西部警察のガゼールですね(笑)。

ブロアム化は結構手間隙がかかると思いますが頑張って下さい!
【2014/02/02 20:43】 | TAKA #ed0yalVY | [edit]
>TAKAさん

実車の280Eブロアムではカタログによればフロアシフトでセパレートシートも選べるみたいですが、やはりここはベンコラに拘ってみました(笑)

ホイールは西部警察のガゼールのものですが
後から手元のジャンクパーツをあさったら
Y33シーマグランドツーリングの純正メッシュホイールが出てきて
これがまた430の純正ワイヤーホイールに似ているので
多分そのシーマのホイールを流用するでしょう(笑)
【2014/02/03 21:27】 | 江戸川エルガ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://lv280.blog79.fc2.com/tb.php/225-68927353

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。