スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

トヨペット クラウン(LS 1/32)制作記 最終回

 2012-10-14
久々のトヨペット・クラウンの制作になりますが、実は既にボディー塗装、鏡面仕上げが終わっていて、今回で最終回となります。(笑)


この画像の段階では鏡面仕上げをする前のボディー塗装の状態になりますが、約3ミリ高めに車高調整を施したシャーシを仮組みしてみました。



この画像は昨年の オートモデラーの集いin名古屋2011 でトヨタ博物館に行った際に撮影したものですが、これらと比較しても適性な車高に調整できたのが、お分かりいただけるかと思います。



完成すれば殆どシャーシは見ないという事を前提にシャーシを加工しましたが、簡単に説明するとシャフトが通る部分をノコで切り取り、有り合わせのプラ板、0.1ミリ、0.3ミリのプラ角棒などでパイプ状に組み合わせて接着してシャフトを通す位置を下げる形で車高を少々高めに調整しました。


更にトレッドも調整するために前輪のオフセット部分を少し切り取ります。また、画像はありませんが前輪、後輪のシャフトも約2ミリほど短くカットしました。


ホイール全体にグロスブラックを下塗りしてからメッキシルバーNEXTを吹きつけ、この後はハーフキャップの周りをエナメルのセミグロスブラックで筆塗りします。


ホイールの塗装の間にシャーシを塗装します。前後のバンパーが一体成型なのでバンパーはホイール同様グロスブラックを下塗りしてからメッキシルバーNEXTを吹き、残りのシャーシ全体は今回は余っていた水性塗料のセミグロスブラックを筆塗りしました。


内張りの塗り分け


リアシートの脇がこんな感じなので、シートのカラーでタッチアップします。


こんな感じになります。


100均で売っているフェルト布地でカーペットを作ります。


内装の完成です。


塗り分けたインパネにメーターのデカールを貼ります。


このキットにはシフトレバーのパーツが無いため、炙りランナーの断面に0.5ミリの穴を開け、0.5ミリの金属線を接着してコラムシフトのレバーを自作します。


ハンドルコラムにも0.5ミリの穴を開けて自作したシフトレバーを塗装してから取り付けてインパネの完成です。(^-^)v

このインパネはボディー側に取り付けます。


今回のキットは本当の初期型クラウンRSなので厳密に言えば窓枠のメッキは窓の下側のみだったりしますが、アレンジしてマイナーチェンジ後のRSD風に窓周りを囲う形でGSRクロームマスターを貼って仕上げました。


最後に灯火類、ワイパーなどの小物を塗装してからボディーに取り付けて完成です♪ \(^o^)/
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://lv280.blog79.fc2.com/tb.php/138-79aae64d

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。