スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ホンダ S-MX ローダウン(タミヤ 1/24)

 2012-09-03



S-MXは1996年11月に発表されたホンダのクリエイティブ・ムーバーシリーズの第4弾となる車で、デビュー当時は標準仕様の2WD(FF)と4WD、そして2WDのスポーティーグレードとなるローダウンの計3グレードが設定され、タミヤが製品化したのが今回完成したローダウンとなります。

デビュー当時のボディーカラーは、グラナダブラック・パール、パッションオレンジ・メタリック、ボーグシルバー・メタリックの計3色が設定されていて、今回はデビュー当時のイメージカラーでもあるパッションオレンジ・メタリックをチョイスしました。

S-MXがデビューした直後にタミヤが製品化したため、キットの発売当時に作るとなるとパッションオレンジ・メタリックは調色しなければ塗装できなかったでしょうし、実車用タッチアップ塗料で塗装するといった方法もありますが、デビューから16年経った今になって作る場合は、普通の缶スプレー塗料でも塗装ができます。(笑)

そこで今回のボディー塗装に使った缶スプレーの塗料というのが、タミヤがトヨタ86向けに限定発売したメタリックオレンジの缶スプレーです。制作記にもありますがプラ板で入念?に試し塗りをした上で塗装しましたが、塗装の際の吹き付け方や光の加減により微妙に変化はするものの、概ねS-MXのパッションオレンジ・メタリックとしてもピッタリなカラーということもジ実証できたと思います。

キットの出来としては前輪がステアリング出来ないものの全体的にパーツ数が抑えめで、タミヤのキットにしては珍しく内張りが別パーツでドアノブなどのモールドも再現されていたり、カーペットの布地も入っているなど、タミヤらしいサクサク組める良質なキットなので今回は特に手を加えていませんが、リアウインドウの3面のスモーク塗装、リアスポイラーの取り付けを金属線を用いて工夫したくらいです。

残念ながら現在は絶版ですがネットオークションでも割と安価で入手できると思いますし、86向けのメタリックオレンジの缶スプレーもありますので、これから作りたい方にもオススメのキットです。
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://lv280.blog79.fc2.com/tb.php/113-bf5b502f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。