スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

いすゞ エルガ ノンステップバス PJ-LV234L1 京成バス仕様(アオシマ 1/32改造)制作記 3

 2012-08-12
今回はメインとも言える前扉の開閉ギミックに伴うドア、床板、ボディーの加工編です。


まず最初に本来は床板に取り付ける前扉を上から押さえるパーツをボディーの内側に瞬間接着剤で取り付けます。


そして前扉上部のヒンジをプラ棒と0.5ミリの金属線で取り付けます。


次に前扉のクリアーパーツの下部を若干削り取り、前扉下部に接着するヒンジのパーツに0.5ミリの金属線を通すために穴を開けます。

更に2ミリのプラ棒と0.5ミリの金属線を使い、ドア下部のヒンジを作り、画像のように実車のグライドスライドドアのギミックに対応したパーツの加工をします。




色々とテストを繰り返して、ようやく前扉のギミックが形になりました。(^_^;)

という訳で床板のパーツも修正をします。


床板の前扉部分の裏面はこのようになっていますが、最終的には裏面にもドアヒンジを取り付けるために出っ張っている部分を削り取りフラットにします。


フラットな面になりましたが、このように前輪のサスペンションの取り付け穴が床板のパーツ側に付いています。


左前輪の真上の部分もこのようにデッドスペースとしました。


こうして、ようやく前扉のギミックとともに床板の改修も完了して、次回からは床板の塗装と前輪の取り付け作業へと進むことができますが、ここまでが意外と長い闘いでした。(^_^;)
スポンサーサイト
タグ :
コメント
大都会じゃないですけど、闘いの日々でしたね。お疲れ様です。
扉の開閉のギミックが凄いですね。苦労されただけあってリアルです。
【2012/08/15 22:17】 | TAKA #ed0yalVY | [edit]
>TAKAさん

素組みなら前扉のみ開閉状態のどちらかを選択する方式になりますが、中扉は素組みでもスライド可能なだけに、今回は他の作例には無い前扉の開閉ギミックには拘っていたのでギミックが形になり自信がつきました。(^-^)v

この調子で今後も完成度の高い作品目指して作っていきたいです。(^^)
【2012/08/17 19:36】 | 江戸川エルガ #VOHYEIps | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://lv280.blog79.fc2.com/tb.php/106-10581924

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。