スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日産・シーマ 41LV Y33型後期(アオシマ 1/24 改造)制作記 8

 2012-06-30
今回は最終仕上げの前編です。

まず最初に一つ使えるアイテムを紹介したいと思います。

♪くろ~むますた~♪(ド〇〇もん風にw)


GSRグッドスマイルレーシングから発売されているのがこのクロームマスターですが、メタルックのような薄いノリ付き金属箔で光沢はミラーフィニッシュに匹敵する輝きがします。某、プロフィニッシャーの方も愛用していて、私もここ1年近くネットで取り寄せてモデリングに活用しています。


今回はクロームマスターを窓枠の直線部分とバンパーモールに貼りたいと思いますが、まずは貼りたい部分より広めに切り出してからこのように貼り、溝に沿って爪楊枝やケガキ針で軽く撫でるように馴染ませます。


その後、デザインナイフで溝に沿って切れ目を入れて余分な箇所を剥がすと、こんな感じになります。

尚、窓枠の曲線部分はミラーフィニッシュを使いました。(^_^;)


今回はドアノブとリアのナンバーガーニッシュのメッキ処理はある試みをするため、最初に筆塗りでエナメルのグロスブラックを下塗りします。

ここでもう一つアイテムの登場です。


♪めっきしるば~ねくすと~♪(再びド〇〇もんの登場ですw)

このブログでお世話になっているねこバスのぼりざかさんが何処からか仕入れた方法で、先程下塗りをしたグロスブラックの上に筆塗りでメッキシルバーNEXTを重ね塗りをしようという凄技です。


半信半疑でしたが試しに筆塗りでメッキシルバーNEXTを塗装すると、こんな感じになります。

今回はナンバーガーニッシュとドアノブで試しましたが、塗装面積が狭い曲面に塗装する分には全く問題なく、筆塗りだとマスキングテープも必要最小限に抑えられますし、万が一塗料がはみ出してもスミ入れの要領でエナメル溶剤で拭き取りができるので有効活用できそうです。


ボディーの仕上げと並行して窓ガラスのパーツも最終仕上げをします。

まずは前回塗装した窓ガラスの塗装面を研ぎ出してコンパウンドをかけ、次にマスキングをして天井部分を塗装します。更にプラ板を切り出して天井を作り、これも同時に塗装します。


両面テープで取り付けると、こんな感じになります。

次回はいよいよ感動の(?)最終回となります。(^^)
スポンサーサイト
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。