スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

いすゞ フォワード KC-FRR32L2(アオシマ 1/32改造)制作記 8

 2012-12-04
バタバタ続きで、すっかりご無沙汰してしまいましたが撮影した画像が貯まってきたので、そろそろブログ更新したいと思います。(^_^;)

どうにか先日の横浜ホビーフォーラムへの展示には間に合いましたが、制作記の内容を一部省略してしまったため、今回はメインとなる荷台の製作を詳しく紹介しながら、おさらいしたいと思います。


まずは元々の荷台の床板を短くしたフレームに合わせて切り取り、仮合わせをします。


次に元々のアオリ(側面の板)を仮組みして、切り詰めます。



フレームと荷台を接続するための根太も切り詰めますが、切り詰めたフレーム自体の強度が弱いため根太を半分に分けて荷台の前寄りとフレームの後ろ寄りにそれぞれ接着して荷台とフレームを接続させます。


元々の床板パーツの床面はベニア板を再現したものですが、丸いプラ棒とエポキシパテで床面を鉄製の床で経年変化で凹凸ができた状態を再現します。



次に元々のアオリを使って自衛隊仕様の形状へ改修します。最初にパテを盛ってペーパーて慣らしてフラットな面にしてからプラ棒を接着して隙間をパテ埋めします。


すると、この様になります。


比較用に元々のパーツを並べてみましたが、キャブ寄りのアオリのパーツも自衛隊仕様に改修します。


画像の様にエバーグリーンのプラ材を貼り合わせます。これが決まらないと側面の折り畳み椅子の部分も決まらないので慎重にバランスを取ります。



そして、側面の折り畳み椅子の部分もエバーグリーンのプラ材で製作します。


出来上がったパーツの外側と内側です。


この様に荷台と組み合わさり、真鍮線で作った幌の支柱が通せる構造にしました。



プラ板とエバーグリーンの半円のプラ棒で後輪の泥よけを自作して、荷台に取り付けて、いよいよ塗装となります。

今回はここまでにします。(^_^;)
スポンサーサイト
タグ :

トヨタ カローラ レビン AE86前期型(アオシマ 1/24)制作記 3

 2012-11-21
前回、赤黒ツートンに塗装したボディーは既にクリアーでオーバーコートをして乾燥中なので、この間に内装を仕上げます。(^^)


近年のアオシマ製キットの特徴とも言える“妙にカクカクした”内装パーツですが、所々ペーパーをかけてカクカクしたエッジに丸みをつけたり、シートの背面にプラ板でポケットも再現したりするなど、塗装前に下拵えをします。


内装の1色目の塗装ですが、最初にシートのツートンカラー部分をクレオスのオレンジ、レッドブラウン、フラットベースで調色した塗料を吹き、その塗料にレッドを加えて調色した塗料で内張りを塗装します。



1色目の塗装が乾いたらマスキングしてクレオスのレッドブラウンで2色目となるメインの部分を吹き、最後にドアノブ、インパネのメーターまわりをつや消し黒で塗装して、追加工作のシートベルトのバックルを取り付けて内装の完成です。


ハンドル取り付け前のインパネですが、メーターはデジタルメーター、アナログメーターの2種類のデカールがあり、今回はデジタルメーターを選択しました。

次回は純正ホイールの製作をメインに進めます。(^^)
タグ :

トヨタ カローラ レビン AE86前期型(アオシマ 1/24)制作記 2

 2012-11-18



暫く飽いてしまったAE86レビンの制作ですが、実は先日のホビーフォーラム向けの制作の合間に白黒のパンダ状態の塗り分けは、ちゃっかり済ませておきました。

といっても、白サーフェイサーの上に黒を塗っただけですが…(^_^;)

それでは今回の本題に入りますが、マスキングのやりやすい順番ということで先に黒から塗り、その後に赤を塗ります。



黒に塗った部分をマスキングして赤を塗りますが、今回はクレオスGXカラーのハーマンレッドを使用し、クリアーをかける直前の段階でハーマンレッドに少量のクリアーオレンジとクリアーを混ぜ合わせた塗料で塗装しました。



こんな感じでボディーとエンジンルームに赤を塗りました。


順番が逆になりましたがエンジンの塗装と組立です。


このキットはサスペンションに金属バネを使用しているため、特にリアサスペンションの組み立ての際は、画像のようにテープで押さえながら組み立てたほうが作業しやすいでしょう。



シャーシの完成です。(^-^)v

次回はボディーのクリアーコートと内装編へと進めます。(^^)
タグ :

いすゞ フォワード KC-FRR32L2(アオシマ 1/32改造)制作記 7

 2012-11-14

すっかり制作記を放置してしまいましたが荷台の幌を残して、幌を外した状態では完成して先日のホビーフォーラム2012には間に合うことができました。(^_^;)

詳しい制作内容は後日改めて書くこととして今回は、ざっとですが陸上自衛隊業務車仕様に改造する際に自作あるいは既存のパーツに手を加えた部分を紹介したいと思います。(^^)


アンダーガードは既存のパーツとエバーグリーンのプラ材で、このようにショートホイールベース用を製作。ジョイント部分は光硬化パテで補強しました。


荷台と側面の折り畳み椅子も既存のアオリのパーツとエバーグリーンのプラ材で、こんな感じに仕上げ、更に1ミリの太さの真鍮線で幌の支柱を大まかに作りました。



後輪の泥除けも市販のフォワードとは異なるため、エバーグリーンのプラ材とタミヤのプラ板で自作し、荷台側に固定しました。


ナンバープレートはモノクロームの陸上自衛隊1/2tトラック(軍用パジェロ)の1/35キットのデカールとエッチングパーツを元にプラ板から切り出したもので作りました。

実はモノクロームのキットは部品請求ができないみたいなので、デカール以外に不要になったキットごと、ジャンク扱いでホビーフォーラム会場のフリーマーケットに出品したところ、早速ご購入された方がいらっしゃったみたいで、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。



こうして、ほぼ完成となった訳ですが、次回は荷台の製作を振り返りながら、もう少し詳しく紹介したいと思います。(^^)
タグ :

いすゞ ガーラ ハイデッカー ジェイ・アール北海道バス 高速仕様 (フジミ 1/32) 制作記 最終回

 2012-11-09
今回もホビーフォーラム直前ということで駆け足気味の紹介になりますが、完成までの流れを一気に紹介します。(^_^;)


内装小物を塗装して組み立てますが、今回は昼間メインの高速バスということで若干不要なパーツが生じるとともに、整理券発行機の追加工作が必要なのでプラ板で作りました。また、運賃箱のパーツは最初から組み込まれているので製作しましたが、なかなか北海道には行けないために実車のリサーチが不十分で運賃箱のパーツも実際のものかどうかは不明です。(笑)


内装小物を取り付けますがインパネはボディーを合体させてからの取り付けとなります。



次に天井パーツに追加工作の運賃表示器を取り付けます。「札幌駅→」のデカールはジャンクよデカールを流用して運賃表示前の系統行先表示のスクロール風にしました。(笑)



トイレのパーツもこのように仕上げて天井側に取り付けます。


窓ガラスはフロントを除いてUVカットのグリーンガラス風に塗装しました。



更に追加工作の側面方向幕を予め取り付け穴を開けたボディーに裏側から取り付けます。


内装との合体前に側面の窓ガラスを先に取り付けます。


ドアのパーツは大まかに塗り分けしてからウインカーやリフレクターのクリアーパーツを取り付け、上からクリアーコートして乾燥したら窓ガラスを取り付けます。


ミラー類はサイドミラーのミラー部分はメッキパーツをそのまま取り付け、他のミラー部分はクロームマスター(メタルックみたいなやつ)を貼ります。


ナンバープレートはジャンクのデカールを流用して実車どおりに作りましたが、ボディーに貼る〇〇号車のデカールら実車とは異なるため、あくまでも“雰囲気重視”ということでボディーに貼ります。



完成です。

という訳で11日の日曜日のホビーフォーラム2012にて展示します。(^-^)v
タグ :

三菱ふそう キャンター カエル急便 配送車(アオシマ 1/32)制作記 最終回

 2012-11-06
ホビーフォーラムが今週末に迫ったため、このキャンターも急ピッチで仕上げたので制作記としては今回で最終回とさせていただきます。



前回は骨組みとタイヤ、ホイールだけだったシャーシにバッテリー、燃料タンクといった小物類を塗装して取り付けます。


次にパネルの角のシルバー部分を塗装しますが、ここでアクシデントが発生します…


左側は問題無かったものの、画像のように右側のデカールが密着されていなかったせいでマスキングテープを剥がす際にテープと一緒に剥がれてしまいました。(;´д`)



しかし、こんなことでめげる暇も無く驚異的な集中力で筆塗りタッチアップを強行します。


何とか見せられる程度に修復が済み、これを幸いとして、この後はAFVモデルでは一般的はウォッシングという汚し塗装で少しボロボロ感を出すことにします。



画像では判りにくいと思いますがウォッシングで黒ずみ汚れを付けて、このように仕上がりました。(^_^;)



パネルとフレームを取り付ける際の床板にアンダーガードを取り付けますが、キットのパーツのままでは接着後の安定感が無いため、プラ板でダボを作ります。



次に内装の作業に入りますが、内装のモールドには定評があるはずのアオシマのキットも、このキャンターの場合は簡略しずぎでグダグダなインパネで、実は内張りのパーツはありません。(;´д`)


完成したインパネですが、実車のカタログを急遽取り寄せて画像を確認しながらパテとプラ板で少しはマシな形状に修正して、メーター類のデカールを貼りました。(^_^;)



完成した内装ですが、実車はチョーク式のパーキングブレーキなのに対し、このキットはフロア式のパーキングブレーキレバーのパーツが入っていて、そのパーツの取り付け部分の穴埋めに市販のパーツで“(なんちゃって)ドリンクホルダー”を作って誤魔化しました。(;´д`)

尚、今回は都合によりチョーク式ブレーキレバーの製作は見送りました。(^_^;)


次にキャブ周りの塗装になりますがフロントグリルはこんな感じで塗装します。しかし本来あるべきの“CANTER”の文字は省略されていてデカールもありません。また、三菱車のシンボルでもあるスリーダイヤのマークも省略、デカールもありません。



都合により塗装行程は省略しますが、完成したキャブです。こちらもスミ入れついでにウォッシングで少しばかり汚しを入れました。



ついに完成です。(^-^)v

キット購入時にホイールが1個欠品だったり、インパネを改修するためにカタログが必要になるなど、それぞれを発注したことによる時間のロスというのを言い訳にはしたくはありませんが、少々駆け足気味にペースを上げて作ったので、あまりいい出来とは言えません。ですがそれを逆手に取って作ることを覚えたという意味では収穫があった今回の制作となりました。

という訳で、このキャンターもホビーフォーラムに展示しますので良かったら会場でご覧いただけたらと思います。(^^)
タグ :

三菱ふそう キャンター カエル急便 配送車(アオシマ 1/32)制作記 2

 2012-11-03
暫くブランクが空いてしまったキャンターのカエル急便仕様の制作ですが、これも一気に進めます。(^-^)v



こちらはキットに付属の元々の荷台の“箱”のパーツですが、実際の「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」に登場するトラックに習って、パネルのギザギザ部分をスムージングさせて改修します。



パネルを改修後の箱のパーツを白で塗装してデカールを貼り、クリアーコートします。今回の白は同時進行のいすゞガーラと同じ塗料ですが、実はモデルカーズの作例を参考にクレオスのクールホワイトとグランプリホワイトを8:2の割合で調合してから吹き付けました。


制作記1で話した欠品のホイールも無事に届き、サーフェイサーをかけてからタミヤのシルバーリーフで塗装します。


シャーシにタイヤ、ホイールを取り付けます。

とりあえず今回はここまでにして、次回は箱のパーツの塗装の続編と、キャブと内装の塗装へと進めます。(^_^;)
タグ :

ダイハツ ミラ・ウォークスルーバン カエル急便 配送車(マイクロエース(アリイ)1/32)制作記 最終回

 2012-11-03
今回のミラ・ウォークスルーバンの制作記は3回目にして最終回となりましたwww

では、こちらも駆け足気味に最終仕上げの様子を紹介したいと思います。(^^)




デカールを貼ってからクリアーコートしたボディーに窓枠やフロントグリルなどの塗り分けをしますが、今回はこの画像では判りにくいと思いますが少しばかり汚しを入れました。



サイドシルが一体化されたシャーシも大まかな塗り分けが済んでからタイヤ、ホイールを取り付けます。今回はホイールもスミ入れで少しばかり汚しを入れました。


次に内装関係のパーツをそれぞれ塗り分けます。


制作記1で紹介した追加工作の折り畳み式助手席は、元々のアオシマ製の三菱ふそうエアロスターのノンステップ部分のシートを加工したものになりますが、こんな感じに仕上げました。(^-^)v


こんな感じで内装関係のパーツを組み立てます。


更に追加工作で同時進行のカエル急便仕様のキャンターのパッケージに付いている段ボール箱のペーパークラフトも3個ほど組んで荷台に載せてみました。



ボディーと内装、シャーシを合体させます。


最後にナンバープレートを製作しますが、今回はカエル急便仕様ということで街中を走る軽貨物の営業車に習って営業用の黒ナンバーにします。しかし、市販のインレタ式デカールは営業用ナンバーといっても普通車の緑ナンバーしかありません。


そこで考えた方法ですが最初にGSRカラーデカールの黒のストライプ部分に白文字のインレタを転写します。


次にコピーを取ります。この画像は試し刷りのカラーコピーですが白黒コピーで大丈夫です。あとは黄色のサインペンで白文字の部分を塗れば出来上がりとなります。つまり今回作ったナンバープレートはコピー用紙という訳です。(^_^;)


完成です。(^-^)v

このミラ・ウォークスルーバンも11月11日のホビーフォーラムで展示する作品となりますので、良かったら足を運んでいただければと思います。
タグ :

日野 セレガ スーパーハイデッカー 北海道中央バス 夜行高速仕様(フジミ 1/32改造)制作記 最終回

 2012-11-02
作り始めたのが昨年の秋ということで約1年(都合により放置した期間を含むwww)かけて、ようやく完成の時を迎えましたセレガSHD夜行仕様ですが、若干駆け足気味に最終仕上げの様子を紹介します。(^^)


ボディーとの合体前に運転席周りのパーツを塗装しますが、最初は全体的にタミヤのジャーマングレー(TS-4 缶スプレー)を吹きます。


次に随所につや消し黒、チタンシルバー(タミヤのエナメル塗料)で塗り分けます。


完成したインパネですが、最近のバスのインパネは普通の乗用車みたいなデザインをしています。


ハンドルには日野のエンブレムのモールドも入っています。

しかし…

姉妹車となるいすゞガーラのキットのハンドルのパーツも実は同じパーツで、しっかり日野のエンブレムになっているのがフジミらしさと言えますwww

画像がありませんがボディーと内装、シャーシを合体させたらフロントガラスを付ける前にこのインパネを取り付けます。


フロントガラスのパーツは同時進行のガーラHDと一緒に日よけ部分を調色したクリアーブルーで塗装します。左の小さめのガラスはガーラHD、右の大きめのガラスはセレガSHDのガラスパーツになりますが、HD(ハイデッカー)とSHD(スーパーハイデッカー)では天井の高さが異なるのか、お分かりいただけると思います。



次にサイドミラーとルームミラーの取り付けになります。

サイドミラーは別パーツでミラー部分はメッキパーツになっていますが、アンダーミラー類、ルームミラーはミラー部分にGSRクロームマスター(もしくはメタルック)を貼り、各パーツを組み立てます。


ルームミラーを取り付けた後、フロントガラス、サイドミラーの順に取り付けると、こんな感じになります。(^^)


最後にドアを取り付けますが、ドア部分は画像のように塗り分け、ウインカーとリフレクターのクリアーパーツを取り付けます。また、ドアのガラス部分も裏から窓枠をつや消し黒で塗装してからドアに取り付けます。

ここで灯火類についてですが、ウインカー、リフレクターは実車では両方ともオレンジですが、何故かウインカー部分のみクリアーレッドに着色されたパーツとなっているのでクリアーオレンジを筆塗りで上塗りします。

ということで今回で最終回となり、いよいよ完成です。(^-^)v

色々、制作の優先順位を変更しているうちに約1年がかりとなってしまいましたが、このタイミングで今度のホビーフォーラムで、このセレガを展示する運びとなりました。

ホビーフォーラムは11月11日の日曜日に横浜の大さん橋ホールで入場無料で開催されますが、当日は私が所属するS.E.M 湘南モデルカー愛好会の展示テーブルまで足を運んでいただければと思います。
タグ :

日野 セレガ スーパーハイデッカー 北海道中央バス 夜行高速仕様(フジミ 1/32改造)制作記 14

 2012-10-27
今回は側面とリアの窓ガラスの塗装をメインに進めます。(^^)


まず最初に側面の窓ガラスパーツの裏側にマスキングテープの貼り、窓枠をセミグロスブラックで塗装します。


今回のセレガは夜行バス仕様ということでスモークガラスになりますが、塗装ではなく実車用のスモークフィルムを使います。
貼り方は実車の窓ガラスと同様で中性洗剤を微量混ぜた水を霧吹きの容器に入れてガラス面とフィルムの糊面にかけてから、ゴムのヘラで押し付けて水滴と気泡を取りながらフィルムを貼ります。



塗装とフィルムの貼り付けが終わった側面の窓ガラスをボディーに取り付けます。


次にリアの窓ガラスの塗装ですが、裏面に付属のマスキングシールをガラスの部分に貼り、更に方向幕の部分にはマスキングテープを貼り、表面の全面にもマスキングテープを貼ってから、裏側にセミグロスブラックを吹きます。


リアの窓ガラスにも実車用のスモークフィルムを貼り、灯火類のパーツも接着して、この画像の状態でボディーに取り付けます。


次に小物類の追加工作ですが、各種プラ材を駆使して側面の方向幕と車内の停留所表示器及び取り付け用の台座を作りました。



側面の方向幕を裏側から嵌め込みます。(この後で透明プラ板から窓部分を作ります。)


天井のパーツに停留所表示器と台座を取り付けます。

次回はインパネの塗装、取り付け、フロントガラスの取り付けなどを進め、いよいよ最終回となります。(^-^)v
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。